• 2011-04-06 11:39:50
  • 震災支援に思う
巨大地震発生以来3週間半が過ぎた。
大地震のあとに襲った大津波、膨れ上がった海水は営々と築き上げた防波堤や防潮堤を見る間に乗り越え、車や巨大な船、建物を押しつぶし、逃げ惑う人々を飲み込みながら押し流してゆく。テレビに映る悪夢のような映像は世界の人々を愕然とさせた。

世界中の国々・人々から励ましと支援が寄せられ、報道によるとわかっているだけでも139カ国から10億ドル以上の義捐金が寄せられたそうだ。
アフリカの小国から、インドネシアのスラム街から、アジアの奥地や南米からも・・・・。
その日その日をやっと暮らしている人達までもが日本の被災者に何かをしたい、励ましたいと気持ちをこめた支援である。

多くの外国人が放射能被害を心配して帰国する中、自分達の食料を自前で整え、支援物資を携えてボランティアグループを組織して被災地を支援している中国人も紹介された。
「私達は視線大地震のときに日本から温かい支援をいただいた。いまできることをお返ししたい。」とインタビューに答える言葉が胸に沁みる。

日本にはなじみの深いロサンゼルスからは毎日様々な支援情報が届く。
ものすごい数の団体や個人が直ぐに義捐金募金に立ち上がり、様々なイベントを通してあらゆる手段を講じている。
ロサンゼルスのビヤライゴーサ市長は日系社会や様々な団体のリーダーを集め、どうすればより効果的な支援ができるかを討議する会議を開いた。
これからも定期的に開くそうだがその会議の模様は NHK テレビでも放映され下記の URL で一部が見られる。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110330/t10014984261000.html

JETRO 情報によると、カリフォルニアの米業界は率先して立ち上がり、5万ドル以上の義捐金を集めた。
カリフォルニア州のプルーン業界など他の農業業界もこれに続いていいるし、大手販売業者・サンキストも20万ドルまでのマッチングファンドを表明して南カリフォルニア日米協会と義捐金募金を呼びかけている。

大船渡を故郷に持つ鵜浦真紗子さんは訪れた気仙沼市で津波被害にあった。
その恐怖の体験はロサンゼルスの地元日経新聞に掲載された。
http://rafu.com/news/2011/03/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD%EF%BC%9A%E3%83%AD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%AE%E9%B5%9C%E6%B5%A6%E7%9C%9F%E7%B4%97%E5%AD%90%E3%81%95%E3%82%93%E3%80%81/
著名な建築家を夫に持つ彼女は名古屋万博で環境マネージメント・プロデューサーを務めるなど多彩な経歴を持つが、夫婦で深くコミュニティを支える活動を続けている。
この津波被害にもかかわらず早速ボランティアにも励んでいる。

この大震災ではいざという時の人々の思いやり、助け合いの大切さを思い知らされた。
人の絆は一朝一夕でできるのもではない。
長い年月の普段のコミュニケーションがこういった時に現れる。
地方自治体どうしの支援、業界の支援、国と国・人と人のつながりは国境を超え人種を超えて広がる。

復興したあかつきには日本からも世界にお返しをしたい。
原発事故を含め多くの災害経験は将来世界の財産として役に立つだろう。
この感謝の気持ちを復興の力に変えてゆこう!

皆さまへ、
岩手県職員の友人から現地の模様です。
昨日のものですが現地の状況をお伝えするためにお送りします。

若尾龍彦


E.H.@岩手県です。
報道に詳しく救援状況などが出ていますので私の身の回りの情報を・・・

1)盛岡にある救援物資の配送センター業務について、トラック協会を中心にスタッフが拡充されてきました。
・最初は矢巾町の流通基地内に配送センターを設けていましたが、滝沢村の大きな県施設で今は業務を行っています。
・今日明日中に花巻にも大きな配送基地を開設します。

2)沿岸地方へは未だに電話やメールが上手くつながりません。
・時々携帯に掛かることはあります
・物資は徐々に入ってきているようです。

おかげさまでローリーが続々と被災地に向かっているとの情報をいただいています。
もう少し、おそらく来週になれば光明も見えると皆で頑張っています。いずれ、通信回線の確保と燃料の確保という面では、依然として解消されない課題を抱えています。

3)その他1
・葬儀システムが止まっているため、ご遺体が棺桶に入ったり、場合によってはビニールシートのままで盛岡に搬送されるのも少なくないようです。

4)その他2
・皆様のおかげで国の内外から義捐金を寄せていただけるとのお話を承っています。
・ありがとうございます。

E.H. 拝

追伸
救援物資配送の現場には若い職員が行っていますが、私もせめて宮古まで走って行きたい。電話番でも何でも、後方支援で良いから現地で直接業務支援できないのか、と行けないことが悔しくてなりません。
先程、被災から丁度1週間の14時46分に、職員に呼び掛け、犠牲者に黙祷を捧げました。

  • 2011-03-18 21:46:23
  • 緊急時の消毒、水の活用に耳寄り情報
薬品業界に長年在籍した友人からの情報です。
緊急時にはお役に立つかもしれないと思いお送りします。

私は昨日買ってきました。
用法には:飲用水・食品器具・食品製造器具の消毒とあり、病院での消毒や家庭用でも使えるようです。
レストランなどもまな板や包丁、キッチンの消毒に使っているようですから我家でもそのような使い方もしてみようと思っています。

風呂桶に溜めた水が緊急時の飲用水として使えたり、被災地での食用消毒に使えれば役に立つかも知れません。
ただし皆さまは自らの責任において判断しご購入・ご使用下さい。
よろしくお願いします。

若尾龍彦



株式会社オーヤラックス社で作っているピュ―ラックス(次亜塩素酸Na)を緊急時用薬局、ドラッグストアーで買われる事お勧め致します。
これは水道水に入っているものと同じです。
(昨日、ドラッグストアーで求めてきましたが1.8リットルで千円でした。)

井戸水或いは飲み水用に風呂等にためておいたお水を飲む際、出来れば沸かしてピュ―ラックスを入れれば飲料用に殺菌されます。
1000リットルにわずか17ml入れればいいのです。
食中毒予防にふきん、まな板等の殺菌にも使用可能です。
乳児をお持ちのお母さん達は知っているかもしれません。
http://www.oyalox.co.jp/b/b01.html

  • 2011-03-18 21:30:47
  • 地震被害、各地の状況
巨大地震で皆さまには大変ご心配でしょう。
その後の状況です。

被害状況が判明するにつれそのすざまじさに恐ろしさを感じます。
ここ川崎でも余震は100回以上、常に揺れ続けている感じですが現地では震度7くらいの余震が発生する可能性もあると報じられています。
このメールも揺れながら書いています。
親戚・友人・知人からも情報は入ってきますが、被害はあるもののどうやら無事のようです。
皆さまのところではいかがでしょうか?

被災地で必要なのは:
*情報(被害者は自らの情報がわからず不安と恐怖)
*通信手段:電話、携帯、メールが不能、テレビも見られず情報不足
*薬(高齢者、病人、子供、常備薬のいる人:何処に何をの情報)
*医師:怪我人よりも遺体運び込みが多い模様
*幼児、高齢者:ミルク、哺乳瓶、オムツ
*ライフライン(水、電気、トイレ)
*寒さ対策(毛布、防寒着、灯油、ガソリン)
*食料(緊急食料、暖かい食事)
*旅行者:帰宅の交通情報・手段・通信手段がなく焦り

<被災者用情報>(ご自分で探してみてください)
*災害用伝言ダイヤル:171番
*災害ブロードバンド伝言
*パーソンファインダー:URL
*NHK:URL
などです。

<外部救援>
*国連をはじめ多くの国々から救援の表明と具体的行動があります。
 今までの日本や日本人の行動が各国の人々に支援の気持ちを持たせたのだと思います。
*スポーツ界・芸能界からも励ましのメッセージや
*様々な企業や団体からも義捐金の申し出が・・・寄付先の相談も
*ロス在住の日本人留学生からも義捐金立上げの計画と相談
*各国のメディア:大災害に日本人の冷静な秩序ある行動に賞賛

<国内>
*被害のない県は救援部門を設置して緊急物資や医師派遣など不眠不休の支援
 (友人の県支援担当職員のメール)
*日本赤十字社、新聞社、テレビ局、その他多くの団体が義捐金受付窓口を設置
*多くの会社が被害地に親族を持つ従業員支援や被災地支援に立ち上がっている
*多くのボランティアもやがて動き出す模様
@ボランティア元年といわれる阪神大震災より人々の意識が変わった

<原子力発電所の被害・事故>
*原発の被害・事故に人々の注意が集まっています
*各国でも日本の対応を注目
*石油・石炭・天然ガスなどの化石燃料の枯渇や自然破壊が懸念される大体エネルギー源として、原発は人類にとっても重要なエネルギー源です。
 歴史的には効用と安全性の問題との間で開発が揺れ動いてきました。
 その意味でも今回の地震の対応が注目されています。

このような国難にどう国民が一致して協力し対応できるかです。
「何が自分には出来るのか?」を考えようではありませんか。

どうか皆さまもくれぐれもお気をつけて。

若尾龍彦

  • 2011-03-18 21:27:10
  • 災害時の注意事項
下記は友人からのメッセージです。
まだまだ余震が続いており、大きな別の地震が起きる可能性もあります。
皆さま、くれぐれもお気をつけて!

主文:

【持ち物】
□現金
□身分証明書
□印鑑・預金通帳・保険証
□飲料水(1人1日3リットルが目安)
□非常食(缶詰・お菓子等)
□携帯電話と非常用充電器
□ティッシュ
□タオル(5枚くらい)
□懐中電灯
□カイロ
□サランラップ
□毛布
□家族の写真(はぐれた時の確認用)>□ホイッスル(生存率が格段に上がる)
□メガネ
□いつもの薬

【緊急行動パターン】
・窓・ドアあける>・荷物は玄関へ
・底の厚い靴をはく
・ガスの元栓を締める
・浴槽に水をためる
・米を炊く
・出来るうちに携帯充電
・停電時ブレーカー落とす 
・24時間は地震が続くだろう
・とりあえず落ち着く
・災害用伝言ダイヤル171の利用

(避難場所も伝える)
・電話は最低限
・Skypeなら使える
・警察を偽った詐欺電話に注意

【避難時の注意】>・倒れかけのタンスや冷蔵庫に近づかないこと
・ガラスや塀に注意
・壁の亀裂や柱の傾きは倒壊のおそれあり、即避難
・狭い道、崖沿い、川沿い、海を避ける
・海沿いの人は高台に避難
・ヘルメット着用。せめて帽子を着用
・火が付きやすい化繊の服を避ける
・マスクや濡タオルを装備する
・火災時は風上へ>・車は走るのをやめ路肩に寄せて停まる

【地震が起こる前なら】
□ヘルメットはあるか
□非常食の蓄えはあるか
□水の蓄えはあるか
□応急処置セットはあるか
□寝袋はあるか
□非難所・非難所までのルート

【NTT公式情報】
公衆電話は災害時には優先的につながります。
災害時には被災地の公衆電話は無料で使ます。
ただし国際電話は使えません。

●無料公衆電話のかけ方
・緑色のアナログ公衆電話緊急ボタンを押すか、10円玉を入れれば通話できます。
通話が終わると10円玉は戻ります。

・デジタル公衆電話
テレホンカードや10円玉を使わず、受話器を取るだけで通話できるようになります

◆災害用伝言ダイヤル「171」◆
伝言を残す:171→1→自宅か自分の電話番号→録音

伝言を聞く:171→2→確認したい方の電話番号→再生

【緊急拡散希望!】
【人命にかかわります!!】
電話の使用は極力避けてください!
非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています
安否の確認は災害用伝言ダイアル171番またはTwitterなどのネットの利用でお願いします
ガスの元栓は切って、ドアは全部開け、エレベーターにはのらない、
頭の安全を確保して、余震は続くので避難してください。
小さくても津波は危険です。
避難する人は絶対にブレーカーを落としましょう。送電時に火災になる危険性があります。
地震酔いした方は一旦しゃがんで深呼吸しながらゆっくり10数えてください。

津波が来ます。東北で震度7・関東で震度6、太平洋側では大津波警報発令中
海の近くにいる方は浜辺・河川・崖から離れ、高台かコンクリビル上階へ避難しましょう
この地震に誘発されて他の地震が起こる可能性があります
揺れが少なかったからと安心せずいつでも逃げられるように準備してください

!地震が偶発しています!
次は自分のいる県で起きるかも知れないと思い、いつでも避難できるように準備してください
警報は今も更新されています。携帯やラジオでこまめに確認して下さい
mixi、Twitter等でも確認可能、参考にしてください

!初めの揺れで建物が壊れずとも余震で建物が崩れる場合もあります!
斜めにひびが入った建物は倒壊の危険があるのですぐにその建物から逃げてください
避難する際はなるべく防寒対策をして避難して下さい
地震が起こったら、家にいる方は今お風呂に水をためてください。
まだ電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

1 | 2
CALENDAR
<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ